四角い世界が、訴えてくるものを耳で聞いて、目で見て。そんな星窓の四角世界なのです。


by seisou-sw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

終焉演舞

d0104625_17395684.jpg


長い影を引きずり
果てのない道を行く
途方もない歳月の中で見たのは
美しきものにひそむ闇

もうどれくらい数えただろう
詠う喉も枯れてきた
あとは安らかに眠るときを
無防備にて待つだけ

日々は後ろ髪ひき
悔いのない人もなく
巻き戻せない季節にはせた想い出
静まらない鼓動に不眠

あとどれくらい歩くのだろう
肩にもたれた残光
風はこの魂を揺らして
指さす彼方、堕ちる

落日に踊れ 旅人よ
あなたは笑顔の隅に憂いをおびて
泡沫に踊れ 黄昏よ
涙は流すものそう教えてくれた

あとどれくらいかかるのだろう
愛でる詩も尽きてきた
そっと息を吹く 意味をはかる
真実、ふわりさらう

落日に踊れ 旅人よ
あなたは笑顔の隅に憂いをおびて
泡沫に踊れ 黄昏よ
涙は流すものそう教えてくれた

行き場ない痛み 彷徨えば
あなたは流れる雲のごとく受け止め
果敢無い命と 呟けば
終わりあるから美しいと撫でてくれた




この詩で、ゆらさんに書いて頂いた詩はラストです。
この詩が一番好きなのです、私。何だかドラマチックで。
ゆらさんのブログ「azure_garden」には
沢山の素敵な詩があります。
見に行ってみてください。私も日参しています♪

ゆらさん、本当に素敵な世界を見せてくださって、
ありがとうございました。
昨日アップと行ってたのに、遅れましてすみませんでした。

[PR]
by seisou-sw | 2008-03-24 17:51 |